「過ちを求める勇気こそ勝利!!」生命尊厳!吉岡の・・を堪能せよ!! ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS

2003年に公開された「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS」は「ゴジラ×メカゴジラ」の続編として制作された。

毎回、監督が代わり独立した世界観であったミレニアムシリーズの中で唯一、前作の手塚昌明が監督を務め、続編が作られたのがこの「機龍シリーズ」。

物語としては、前年、ゴジラとの激闘により傷ついた機龍の修復・改良に当たっていた金子昇演じる整備士中條義人は休暇でに訪れていた別荘で
インファント島からやってきたモスラと小美人に出会う。
ちなみにこの第4代目の小美人の中に当時16歳の長澤まさみがいる。

また、今回の映画は昨年亡くなった小泉博さんが、1961年に公開された「モスラ」の中條信一として登場。

しかも小美人も「中條さん。お久しぶりです」と語りかけ、43年前と同じ小美人という設定ですが、ご存知のように初代小美人はザ・ピーナッツのお二人なので無理があるように思います(笑)

ともあれ、この二人は「ゴジラの骨を海に帰さないと、モスラが人間の敵になる」と伝えに来たのです。要するに、機龍のもとになってる初代ゴジラの骨の事です。
「人間が自然の摂理に逆らうことをしてはいけない」ということです。

機龍を海に帰したとして、「ゴジラはどうするんですか?」と中條は尋ねますが「モスラが命を懸けて戦います」とのこと。

しかし、この話を聞いた、中尾彬演じる五十嵐総理はモスラは43年前に東京を壊滅させたのだから、信用することはできないと。

遂にゴジラが出現する。

胸には前回機龍との品川での激闘で負った傷がある。

ゴジラは、機龍のある自衛隊基地を目指していることが明らかになる。

「機龍を目指しているのでは?」と。

機龍(初代ゴジラ)を目指すゴジラ。

そこに、中條の孫が、43年前にモスラをに招き寄せた際、教会に描いたインファント島の紋章を学校の校庭で椅子を並べ描く。

すると、モスラがやってきて、ゴジラと激闘を繰り広げる。

ここで、ゴジラはシリーズ初東京タワーがゴジラによってはじめて破壊される。

初代モスラは東京タワーで繭を作ったが、ゴジラは実は東京タワーを破壊したことはなかった。

そして、五十嵐総理ら政府は機龍出動を決断し、再び機龍がゴジラに戦いを挑む。

操縦するのは前年の釈由美子演じた家城茜ではなく、虎牙光輝演じる秋葉。

サポートするのは吉岡美穂演じる如月。(これもまた映画では・・・が(笑))

一応、前年登場した家城茜らはアメリカに訓練のため旅立ったみたいで、その送別会があり、劇中で茜が中條と会話をし「機龍によろしく」と茜が語るシーンがある。

ともあれ、新たに改良された機龍とゴジラ、モスラの三つ巴の戦いが繰り広げられる。

更にそこに、インファント島で生まれた双子の幼虫が東京に向かいモスラ親子でゴジラに挑むが、幼虫をかばい成虫はモスラの熱線によって爆散してしまう。

親が殺されたことで怒りが震えた双子の幼虫。

確実にゴジラを追い詰める機龍。

というより、私はこの作品のゴジラは本当は戦いたくないのではないかと思ってしまう。

自分の同族と闘っているのだから。

そして、機龍は改良され付け加えられたドリルをゴジラの腹部に突き刺し貫通させる。

この時は流石のゴジラも痛かったようで、鳴き声が痛々しい。

そこに、双子の幼虫モスラが繭糸によって、包まれ動けなくなるゴジラ。

その苦しむゴジラに止めを刺そうとする機龍だが、突然コントロールが効かなくなる。

「また暴走か!?」と危機感を募らせる人々。

しかし、機龍は勝手に動き出し、ゴジラを抱え突然飛び立つ。

そして、日本海溝奥深くに沈んでいくのであった。

その光景を前にして、五十嵐総理は「失ったものは大きい。しかし、我々は自らの過ちに気づきその過ちを認める勇気を得た。その勇気こそが勝利だろう」と総括する。

ちなみにこの五十嵐総理を演じた中尾彬は、VSシリーズでもGフォースの司令官を演じていたが、この手塚ゴジラが好みであると述べていた。

この映画で私が思うには、この作品で登場したゴジラは「初代ゴジラの子供?だったのではないか?」と思う。

1995年公開された「ゴジラVSデストロイア」のゴジラとジュニアには及ばないが、機龍がゴジラを抱え日本海溝に沈んでいく画は感動を覚える。

しかも、この機龍シリーズで評価したいのは初代ゴジラの感情を機龍を通して表現したことである。

初代ゴジラは東京をとにかく焼き払い、オキシジェンデストロイヤーで葬られたのみであったが、その初代ゴジラに感情を持たせ、かつ前作の釈由美子演じる家城茜や金子昇演じる中條と人と心を通わせたことは大きいと感じる。

是非、生命尊厳を掲げた機龍シリーズ完結編「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS」を前作「ゴジラ×メカゴジラ」と合わせてご覧ください。