ニキビ洗顔料は刺激の少ないものを選びましょう

shutterstock_249488587

ニキビが出来ると、女性には辛いものです。

しかし、ニキビは思春期の一時的な肌のトラブルであることが多く、あまり深刻に考えなくても良いと楽観的な人も多いようです。

けれど、中には、思春期を過ぎても、ニキビが治らないと言う問題を抱えている人も少なくありません。

このような人の多くは、ホルモンバランスが崩れており、食事が偏っていたり、不規則な生活や仕事などのストレスも関係していると考えられます。

肌にとって良いことは、精神的にもリラックスすることであり、ストレスを溜めこまないことも大事です。

きちんと三食、野菜を中心にして食事を取り、ニキビなどの原因となる脂っこいものを取るのは、控えめにしましょう。

また、夜は早くに寝るように心がけ、夜更かしをしないことも大事です。

仕事などのストレスは、身体を動かして発散するのも良いでしょう。

また、ニキビは刺激を与えると悪化するので、普段のスキンケアも重要になります。

刺激の少ない、ニキビ専用の洗顔料を選ぶようにしましょう。

shutterstock_239464015

市販品でも、ニキビ専用のものは沢山販売していますが、自分でもニキビケアをすることは可能です。

まず、顔を頻繁に洗うのは避け、出来るだけ温めたタオルなどで拭きとるようにしましょう。

洗顔料を使用しない日も作り、肌に休息を与えるのも大事です。

洗顔後は、殺菌作用のある緑茶などで、顔をすすぐと効果的です。

それに、洗顔料は赤ちゃん用なども、刺激が少ないうえ、アトピーなどにも考慮されているものも多いので、深刻な肌トラブルを抱えている人にはおすすめです。

ニキビは辛いものですが、気楽に付き合っていくように考えることも大事です。

日頃から肌をいたわり、肌にとって良いことをするようにしましょう。

>> ニキビ洗顔料