中学生のニキビ洗顔

shutterstock_199141433

小学生の頃はツルツル肌で頬ずりしたいほど可愛かった娘と息子が中学生になったとたんニキビ肌になってしまいました。

やはり思春期ということで皮脂の分泌が活発になってきたことと遺伝も関係するようです。

子供たちの友達を見てみると相変わらず小学生のようなキレイな肌の子も見受けられますので、脂性肌の遺伝だとわかりました。まず皮膚科に行き、できてしまったニキビ治療薬と今後の予防薬を処方してもらいました。

そして元ニキビ肌だった私から洗顔方法を伝授です。最低朝と夜は洗顔すること、顔を濡らしてからよく泡だててティーゾーンを中心にくるくる洗い念入りに洗い流しそっとタオルで拭き取ること。

洗顔料はメンソレータムアクネスと牛乳石鹸のスキンライフの泡タイプを選びました。理由は価格が安いこと、スーパーやドラッグストアで手軽に購入できること、泡だての必要なくプッシュするだけで泡の状態ででてくることが決め手でした。

おかげさまで正しい洗顔の習慣はついたようです。

ポテトチップスやチョコレートをたべることを控えた方が良いのか皮膚科の医師に聞きましたら、「おやつを我慢させるのは可哀想だから食べてもいいよ」とのことでした。

数年間アクネスかスキンライフを使用しています。思春期のニキビには、継続しやすい価格であるということとなくなったら近場で買えること、泡で出てくるので扱いやすいということでとても満足しています。